サプリメントとは

日本でサプリメントといえば、一般的に栄養補助食品を指します。英語のダイエタリー・サプリメント(DietarySupplement)の略で、食習慣の変化などの要因で良好な健康状態を維持するのに食事では十分に摂取できなくなってきています。サプリメントはこうした不足部分の栄養素を補うための食品です。
具体的にはビタミンやミネラルがこれにあたり、ほとんどの人にとって必要不可欠な栄養素です。


体調管理やダイエットといった目的に応じてとるサプリメントとしては、ハーブ・サプリメントやファイトケミカルなどがあります。
ハーブは西洋でも東洋でも古くから薬草として民間療法に用いられてきました。海外では医師が処方するほど顕著な効果が得られる場合もあり、使用量や飲み合わせに十分注意が必要です。



サプリメント(健康補助食品)の定義
米国では食品と医薬品の間に、サプリメントという分類があり、法律(DSHEA法1994年)で「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等の栄養素を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義されており、形状も錠剤やカプセルなど食品とは違うものとされています。国内では2005年に同様の法律が定義されました。

0 件のコメント: