ビタミンB1・B2の摂取について

3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂肪)の代謝になくてはならない要素がビタミンです。ビタミンB群は代謝を助ける補酵素の代表なので、B群が不足してしまうと栄養素は効率良くエネルギーに変換できなくなります。

ビタミンB1は炭水化物をブドウ糖に換えるのを助けること、疲労物質の乳酸をエネルギーに換えるという役割を担っていますので、欠乏すると疲労を感じたり能の働きが鈍くなったりすることがあります。摂取過多になっても体外へ尿で排出されるので摂りすぎるといった問題は発生しません。


お酒の飲みすぎはビタミンB1の不足につながります。ポリフェノールの摂取を意識してワインを飲んでもB1不足を招いてしまうのです。ワインの適量はグラスに1〜2杯。B1不足とならないためにはこのくらいに抑えておきましょう。


ビタミンB2は脂肪の分解・合成を助ける働きがあります。そのためダイエットには欠かすことができません。
また美容のビタミンとも呼ばれ、肌や髪、爪などを美しく保つ働きももっています。ビタミンB2に関しても摂りすぎという問題はありませんので、積極的に摂るよう心がけたいものです。

0 件のコメント: